Top > 注目 > 利息も高くなってしまうため

利息も高くなってしまうため

貸金業法が改正されたことで1社で50万、又は他社と合わせて100万を超える貸し付けを行う場合には年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、ひっくり返して言えばそれに満たなければ年収証明が必要ないと言うことができます。

 

ですが、それより小額でも年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。

 

消費者金融や銀行のキャッシングは、いままで一度も利用したことがありません。

 

あれはほかにお金を用意する方法がないときだと思っています。

 

娯楽や趣味の支出は借りてまでするべきでしょうか。

 

借金と車の運転には性格が出ると言いますが、安易に使って返済が膨らみ、「計画的」に返すのではなく、「機械的」に借りて返してのループにはまる危険性もあります。

 

本人がきちんと自覚して、使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してから最小限の金額だけを借りるようにすると、本当の意味でキャッシングは役に立ってくれるでしょう。

 

皆さんも気になっていると思いますが、実際にカードローンを組む時の一番重要なポイントは、設定された金利です。

 

テレビで流れるCMを思い出しても放送されているカードローン会社のCMは一つではありませんし、CMで流れている金利って、各社がそれぞれ異なった金利が表示していますよね。

 

高い金利であれば、それだけ利息も高くなってしまうため、金利を比較した上で、ローンを組むというのが良いと思います。

jcom遅い

注目

関連エントリー
痛みが苦手という方には利息も高くなってしまうため音楽界の嫌われ者バリテインの効果